冲永学長一行が義守大学を訪問しました

2018年07月11日

2018年6月16日(土)、帝京大学学長 冲永佳史が本学の提携校である義守大学(台湾)の卒業式の主賓として招かれ、約1,400人の卒業生、保護者および来賓を前に祝辞を述べました。

祝辞の中で、本学と同大学の交流は本学八王子キャンパス文学部史学科の研修旅行に始まり、約12年間続いていることが触れられ、その12年間の過程で延べ120人の本学学生が同大学を訪れていること、2014年に正式に提携校の締結を行って以来、現在では八王子キャンパス以外に板橋キャンパスのハーバード特別講義など医療系での交流も始まっていること、そして、本学の教育指針の1つが「国際性」であることから、これからの人材育成を考える上で、さらなる交流を期待していることが述べられました。

卒業式の後は、協定書のリニューアル・セレモニーが執り行われ、セレモニーでは同大学校長 陳振遠氏と冲永学長が協定書(MOU)に署名し、今後の両校の活発な交流について意見交換を行いました。また、同大学文学部応用日本語学科を訪問し、今秋に八王子キャンパスに留学予定の学生との面会や臨床研修センターといった医療系施設の視察など、学術面・医療面での交流を図りました。

 

卒業式・冲永理事長

MOU調印

施設見学

MOU調印2

MOU調印3