帝京大学シルクロード学術調査団による2018年度第1次アク・ベシム遺跡調査が終了しました

2018年06月14日

帝京大学シルクロード学術調査団はキルギス共和国北部、チュー州アク・ベシム村に位置するアク・ベシム遺跡(スイヤブ遺跡)の第2シャフリスタンにおいて発掘調査を実施し、唐の西方進出の軍事・行政拠点であった安西四鎮の1つである砕葉鎮(さいようちん)城の7世紀後半のものと推定される建物の一部を発見しました。

詳細は下記をご覧ください。

 

石敷き遺構(北側)及び建物の縁石(右上方に見えるのが井戸)

アク・ベシム遺跡全景(2018年撮影)

井戸および石敷き遺構

石敷き遺構(西側)全景