キャンベラ大学一行がスポーツ医科学センターに来学されました

2017年07月11日

2017年7月8日(土)~9日(日)の2日間、帝京大学スポーツ医科学センター(八王子キャンパス)と提携を結ぶキャンベラ大学(University of Canberra オーストラリア)一行が、八王子・板橋キャンパスに来学されました。

今回の訪問では、本学スポーツ医科学センターの施設見学をはじめ、双方の取り組み・研究内容等の情報交換や、帝京大学医学部附属病院の施設見学等が実施されました。

また、キャンベラ大学のDr. Andrew McKuneによる研究発表会も行われ、スポーツ医科学センター員や医療技術学部学生等を交じえ、さまざまな質疑応答が行われました。

この来訪は、今後の本学スポーツ医科学センターのさらなる発展の一助となる良い機会となりました。

これからもスポーツ医科学センターは、「メディカル」「サイエンス」「フィジカル」を通じた多面的なスポーツ科学研究の伸展と社会貢献に取り組んで参ります。

 

■主な訪問内容

・帝京大学スポーツ医科学センター概要紹介

・帝京大学スポーツ医科学センターのサポートおよび研究紹介

・Dr. Andrew McKune氏プレゼンテーションおよび在学生との交流

・帝京大学総合博物館および帝京大学医学部附属病院見学

・キャンパスツアー・トレーニングセンター・運動部練習見学

・本学におけるスポーツ教育(ラグビー部の事例)紹介

・その他

 

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04