ドラフト会議で青柳晃洋投手が阪神から5位指名を受けました

2015年10月23日

2015年10月22日(木)、都内ホテルにてプロ野球のドラフト会議(プロ野球新人選手選択会議)が行われ、帝京大学硬式野球部(八王子キャンパス)の青柳晃洋投手(あおやぎ・こうよう 医療技術学部スポーツ医療技術学科4年)が、阪神タイガースから5位指名を受けました。
指名を受け、八王子キャンパス「SORATIO SQUARE(ソラティオ スクエア)」で記者会見を行い、指名直後の心境を語りました。

 

青柳晃洋投手プロフィール

医療技術学部スポーツ医療技術学科4年・投手・181cm80kg・右投右打。
神奈川県出身(川崎工科高校)。
小学校4年で野球を始める。
川崎工科高校では1年秋の大会から背番号1としてチームを牽引し、3年春夏に2季続けて神奈川県16強入り。
帝京大入学後は1年春からリリーフで首都大学野球リーグ戦に出場。
4年秋に自己最多6勝を記録。

 

■青柳晃洋投手のコメント

「すごくうれしいの一言です。皆様のおかげで小さいころからの夢が叶いました。憧れの甲子園球場で一軍に定着できるよう、精一杯努力していきたいと思います。本当にありがとうございました。今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします!」

 

会見の様子01 会見の様子02

 

会見の様子03 会見の様子04