帝京大学アジア国際感染症制御研究所の開所式を挙行しました

2013年06月07日

2013年6月3日、帝京大学アジア国際感染症制御研究所の開所式を、本学板橋キャンパスにて開催しました。本研究所は、帝京大学医学部附属病院で2010年に発生した、多剤耐性アシネトバクターによる院内感染の反省を踏まえ、感染症制御に関する研究ならびに教育の推進を図り、感染症制御に関する情報の発信を通して、社会へ還元していくことが本学の使命と考え、設立にいたりました。

 

開所式は、本学 冲永佳史理事長・学長、および本研究所 鈴木和男所長による挨拶からはじまり、国立感染症研究所の渡邊所長、国立保健医療研究院健康危機管理研究部の金谷部長、駐日イギリス大使館をはじめ多くのご来賓の方々にご列席いただきました。開所式の終了後には懇親会も開催され、有意義な意見交換が行われました。

 

帝京大学 冲永佳史理事長・学長 帝京大学アジア国際感染症制御研究所 鈴木和男所長

帝京大学 冲永佳史理事長・学長                         帝京大学アジア国際感染症制御研究所 鈴木和男所長