住民登録

外国人留学生は、住民基本台帳法により、「住民登録」の手続きをすることが義務づけられています。以下に手続きに関する詳細をご案内します。

住民登録について

日本で勉強する外国人留学生は、現在居住している市(区)役所に行き、入国から14日以内に「住民登録」をしなければなりません。また、完全帰国する時は、空港で入国審査官に在留カードを返還する必要があります。

※これらの手続きは「住民基本台帳法」によって義務付けられています。

在留制度の変更

在留制度が一部変更され、「外国人登録証明書」は「在留カード」になりました。

「外国人登録証明書」が廃止され、「在留カード」に変更されました。現在、外国人登録証明書を持っている人は、更新手続きを行う場合、入国管理局にて自動的に在留カードに切り替えることができます。

今後、入学する学生は、成田空港・羽田空港・中部国際空港・関西空港から日本に入国する場合、その場で在留カードを受け取ることができます。また、資格外活動許可も同時に申請し、カードに記載することができます。

 

■登録内容に変更があった場合

現住所・在留資格・在留期間・国籍・氏名等に変更があった場合には、居住している市区役所および入国管理局で14日以内に変更届を提出してください。その際、変更事項を確認できるものを持参してください。
詳しくは法務省のホームページを確認してください。

 

■外国人登録証明書の更新(切替交付)

外国人登録証明書の有効期限満了後30日以内に、下記の書類を居住している市(区)役所に持参してください。

1. 登録事項確認申請書(各役所で入手)

2. パスポート

3. 写真 同一のものを2枚(縦4.5cm×横3.5cm)

4. 現在所有している外国人登録証明書