資格外活動(アルバイト)

外国人留学生が資格外活動(アルバイト)をするためには、「資格外活動許可」を取得する必要があります。ここではその取得方法および資格外活動に関する規定についてご案内します。

資格外活動(アルバイト)について

外国人留学生の方には、日本で教育を受けるという目的で日本での在留が許可されています。よって、勉学に支障が無い程度で、かつ学費や生活費を補うという目的でのみ、アルバイトをすることが認められています。外国人留学生の方がアルバイトをするためには、事前に入国管理局で「資格外活動許可」を取得する必要があります。万が一、「資格外活動許可」を取得せずにアルバイトをした場合や、決められた時間を超えた場合は入管法違反となり、出入国管理および難民認定法ならびに学則に基づいて処分されます。

※資格外活動許可を取得したら、T-SAC(帝京Study Abroad Center)窓口に「資格外活動許可取得届」を提出してください。提出をしない人は奨学金および授業料減免の申請又は受給対象外となりますので、十分に注意してください。

規定および「資格外活動許可」申請方法について

1. アルバイトの範囲

外国人留学生(大学・大学院・研究生)は、週に最大28時間のみアルバイトをすることが認められています(長期休暇中に限り1日8時間まで可能)。ただし、風俗関連等のアルバイトは資格外活動許可の対象となりません。そのような業務に関与した場合、退学処分や国外退去処分を受ける場合もあります。

 

2. 申請手続き

入国時に在留カードと共に申請するか、来日後に必要な書類を揃えた上で、自分の住んでいる地域を管轄する入国管理局に行って申請をしてください。

【申請に必要な書類】

■資格外活動許可申請書 1通(入国管理局または下記入国管理局のホームページから入手可)

■学生証、パスポート、外国人登録証明書等(掲示)

入国管理局から「資格外活動許可」を受けたら、コピーを取り、「資格外活動許可取得届」と共にT-SAC窓口まで提出してください。