日本語予備教育課程の出願資格

日本語予備教育課程に出願するには、国籍や在留資格など定められた条件をすべて満たす必要があります。以下に詳細をご案内します。

2020年度 出願資格

出願するには、次の(1)~(5)の条件をすべて満たす必要があります。

(1) 外国籍を有する者。

(2) 日本国の在留資格を有し、入学後、帝京 Study Abroad Center日本語予備教育課程生としての在留資格を取得できる者、またはこれに準ずる者で日本国内に居住する者。ただし、一次試験に限り、国外居住者が短期ビザにより入国し、受験を希望する場合、日本国内において手続き等を行うことが可能な代理人がいる者のみ受験を認めます。

(3) 次のいずれかの学歴条件を満たす者。

1. 外国において通常の課程による12年の学校教育(文部科学大臣が別に指定した11年以上の課程を含む)を修了した者(2020年3月までに修了見込みの者を含む)、またはこれに準ずる者。
2. 外国と日本において通常の課程による通算12年の学校教育を修了した者(2020年3月までに修了見込みの者を含む)、またはこれに準ずる者。

ただし、日本国内の大学・短期大学・専門学校等に在学・卒業・修了、または中途退学した者は出願できません。

3. 外国における、12年の課程修了相当の学力認定試験に合格した18歳以上の者(12年未満の課程の場合は、さらに、指定された準備教育課程または研修施設の課程を修了する必要があります)。

(4) 日本国内の他の日本語教育機関で在籍した期間が、帝京 Study Abroad Center 日本語予備教育課程入学前までに1年を超えていない者。

(5) 日本語能力試験N5または旧試験4級以上の合格者、または出願時に日本語教育機関において150時間以上の日本語学習歴を有する者。

キーワードで検索