認定留学

協定校以外の選択肢から、自分で選ぶ留学プログラム

事前に帝京大学の承認を得て行う私費留学プログラムであり、帝京大学では提携機関であるSAF(The Study Abroad Foundation/スタディ・アブロード・ファウンデーション)が提供するプログラムのみを認定留学の対象としています。帝京大学の他プログラム同様、休学せずに留学することができ、現地修得単位は単位認定の対象となります。
留学準備に際しては学生本人がSAFと直接やりとりを進める必要があります。まずは、キャンパスで行われる説明会や個別相談を通して情報を入手し、SAFのサポートを受けながら手続きを進めます。

SAFとは

モンタナ大学(アメリカ)のキャンパス 画像

約180を超える名門大学の国際的な大学ネットワークを組織し、日本、中国、韓国を中心としたアジアの大学の学生交流促進のために活動をしているアメリカの認可非営利教育機関です。
帝京大学の学生は英語圏・非英語圏にあるSAF留学先大学の約50校から、それぞれの目的や希望に応じて留学先やプログラムを選ぶことができます。定期的に帝京大学での説明会や留学相談会を行っているので、大学内で気軽にSAF留学アドバイザーに留学の相談ができます。その他、留学先大学への出願手続きのサポートや現地でのトラブルサポートサービスなども行っているため安心して留学することができます。

SAFでできる留学の種類

SAFを通してできる留学の種類は下記の通りです。それぞれのプログラムへの詳しい出願要件は、SAF留学アドバイザーまでご相談ください。

● 学部授業履修プログラム:(1~2セメスター)

現地の学生と一緒に、英語(または留学先の言語)で大学の学部課程の授業を履修します。

● 学部授業履修プログラム(語学科目付き):(1~2セメスター)

学部課程の授業を履修しながら、1~2科目語学力強化プログラムの授業を履修します。所属は学部となります。

● コンカレント・プログラム:(1~2セメスター)

語学力強化プログラムの授業を履修しながら、並行して1~2科目学部授業を履修することができます。

● 語学力強化+学部授業履修プログラム: (2セメスター)

1学期目に大学付属の語学学校で英語(または留学先の言語)授業を受講し、各大学の定める要件と規定の語学力を取得したうえで2学期目に学部授業を履修します。

● 語学力強化プログラム:(1~2セメスター)

大学付属の語学学校で留学先の言語(英語/ドイツ語/フランス語/スペイン語)を学びます。

認定留学・概要

留学先機関 SAF提携留学先
留学期間 1~2セメスター
留学可能年次 2~4年次(心理学科所属学生は3~4年次)
募集時期 留学の1年前
募集対象学部 帝京大学八王子キャンパス
その他出願条件 各セメスター履修制限単位数の3/4以上の単位を修得していること

認定留学のながれ

内容 時期
1 帝京大学にて開催される募集説明会に参加 出発1年前
2 SAFへ出願 出発6カ月前
3 帝京大学に認定留学承認申請

春:1月15日締切

秋:6月15日締切

4 留学

春:4~1月

秋:8~6月

5 帝京大学に留学終了報告、単位認定申請 帰国後1週間以内

SAFお問い合わせ先

米国非営利教育財団

SAFスタディ・アブロード・ファウンデーション日本事務局

〒163-1304 東京都新宿区西新宿6-5-1新宿アイランドタワー7F

TEL:03-5321-6222 E-mail:japan@SAFabroad.org

キーワードで検索