受験生の方

卒業生・一般の方

企業・行政の方

キャンパス

八王子

板橋

宇都宮

福岡

霞ヶ関

学部一覧

クラブ一覧

学生サポート

学生サポート

キャリアサポート

MELIC

T-SAC

広報グループ他

image


【お知らせ】

2020年08月07日 19:00:00

夏休みにおける新型コロナウイルス感染症対策と秋期授業について

5月のオンライン授業、6月から一部対面授業で実施してまいりました。学生の皆さんには、感染防止対策にご協力いただき感謝申し上げます。春期がおわり、来る秋期に向けての授業計画を改めて確認するとともに、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が収まらない中での夏休みの過ごし方についての注意についてお願いいたします。
  
重ね重ね申し上げますが、新型コロナウイルス感染症感染防止には3密をさけることと、マスクの着用・手洗い等の新しい生活様式の実践になります。感染予防策については、十分承知のことであり、大半の学生のみなさんに協力していただいていると思いますが、少し気が緩んできている部分も見かけられ、夏に向けて今一度、感染予防策について確認をお願いします。

<マスクの着用と熱中症>
 マスクの着用ですが、熱中症への注意も必要です。マスクを装着することでマスク内の温度・湿度が上昇し、熱中症の危険性はより高まります。マスクを着用する場合には、強い負荷の作業や運動は避け、のどが渇いていなくてもこまめに水分補給を心がけましょう。また、周囲の人との距離を十分にとれる場所で、マスクを一時的にはずして休憩することも必要です。
 水分摂取についてですが、緑茶やコーヒーなどのカフェインの入っているものは控え、麦茶やスポーツドリンクを飲むようにしてください。塩分の補給も気を付けてください。

<会食について>
大人数での会食や飲み会は、感染を広げるリスクが高いので、自粛をお願いします。
特に酒類を提供するお店での会食は、気が緩み、マスクを外し、大声で話すため、飛沫感染のリスクが高いとされています。繁華街に近づかないことはもちろんのこと、3密(密閉、密集、密接)が疑われる場所には近づかないようにお願いします。
会食の際は、食べ物・飲み物を口にする以外は、マスクを着用の上、会話をするように努めてください。

<合宿・旅行・イベントについて>
海外渡航についてですが、ほとんどの地域において外務省より「渡航中止勧告」が出されており、出入国できない状況です。一部条件の緩和が検討されていますが、本学としては渡航自粛をお願いします。
帰省を含めた国内旅行については、日々感染状況が変化しており、それに応じて、他県への移動について自粛要請している自治体や、来県の自粛を発信している自治体もあります。   
社会状況によって変わるため、旅行先が発信している情報を事前に確認し、感染予防対策を十分にしたうえで移動するようにしてください。
風邪気味であるなど体調不良の際は、外出を控えてください。
学外で感染者が発生した場合でも、状況によっては、対面授業からオンライン授業に切り替えを検討せざるを得ない可能性があります。秋期授業が予定通り開催できるよう、学生の皆さん一人一人の心がけと協力が引き続き必要になります。

<規則正しい生活習慣を>
連休は普段の生活スタイルを維持することが難しく、生活習慣が崩れてしまうことがあります。バランスのとれた食事、室内での適度な軽度の運動、十分な睡眠を心がけ、授業開始に備えましょう。

<夏季休暇中の緊急連絡先>
本学学生・教職員に感染拡大の危険性がある場合は、ホームページ・ポータルサイトで報告又は個別に連絡します。
学生の皆さんは、健康観察表をつけて、毎日の体調および行動履歴(どこへ行ったか?誰にあったか?)を記録してください。
夏季休暇中においても、発熱など体調不良になりPCR検査を受けた場合、また「新型コロナウイルス感染症に感染した。」「濃厚接触者になった。」等は、以下へ連絡してください。
大学では、個人のプライバシー尊重に重きを置く対応をするほか、できる限り不利益な扱いや差別等を受けることがないように配慮します。

診療所(ソラティオスクエア1F)
 TEL:042-678-3319 不在の際は080-1224-2951 
受付時間 平日8:45~17:00 土曜日 8:45~12:30

学生サポートセンター 042-678-3309
教務グループ     042-678-3301

<COCOAの登録を>
厚生労働省の「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」の登録はしてありますでしょうか?症状がある・なしにかかわらず、アプリからの通知で感染に気付くことができます。感染の可能性をいち早く知ることは、感染拡大の防止に繋がることになります。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

<秋期授業>
先日もお伝えしましたが、秋期授業については、オンライン授業と対面授業を併用し、授業を行うこととします。履修登録前に、その授業がオンライン授業であるか対面授業であるかを時間割上で確認できるようになっております。
春期と同様、演習科目、実習科目、大学院科目等、少人数の講義科目は、基本的には対面授業で行い、多人数の科目はオンライン授業で行います。また、新たな試みとして、対面授業においても、オンライン授業を一部に取り入れる「ハイブリッド授業」も行う予定です。授業形態については、以下の3通りになります。

(1)すべての授業回を対面で行う。
(2)すべての授業回をオンラインで実施。
(3)ハイブリッド型。対面授業とオンライン授業を併用する。
 (例えば、15回の授業のうち12回を対面授業。残り3回をオンライン授業で行なう等。)

2020年度秋期の授業開始は9月14日(月)となっておりますが、春期と同様、履修登録は授業開始前に行いますので、注意してください。
詳細はポータルサイトで配信した「2020年度 秋期 履修申請の手続きの流れ」をよく確認し、間違いのないよう履修登録の手続きを必ず行ってください。

2018年4月に供用を開始したソラティオスクエアは、八王子キャンパス内の教室数を大幅に増やすことになり、結果として授業をキャンパス内に分散し、密集を避けることに貢献しました。秋期からは、11号館のリニューアル工事が完成し、さらに教室数を増やすことになり、余裕を持った教室運営ができるようになる予定です。今後とも、できる限り密集を避けるように授業運営を工夫してまいります。

9月の秋期開始時には、安心して通学できるよう、さらに感染予防策を講じてまいりますが、最終的には一人一人が行動を見直し、新しい生活様式を実践することが重要です。
学生の皆さんには、引き続き感染予防対策を講じていただき、無事に秋期を迎えられるようご協力よろしくお願いいたします。

(教務グループ)