視能矯正学科の臨床実習

多様な実習と充実した環境で知識と技術を兼ね備えた視能訓練士を養成します

講義で身につけた基礎を確実に習得するために学内実習を1年次から行います。機器操作の技術の習得をめざすと同時に、患者さんと円滑なコミュニケーションをとることができるよう学内外の実習を通して、現場での対応力を身につけていきます。

実習スケジュール

カリキュラムのしくみ

実習科目

総合実習

実習を通して臨床現場の診療の流れを体験しながら医療人としてふさわしい身だしなみや言葉遣いを身につけます。また、清潔・不潔の区別や院内感染の防止、医療廃棄物の処理など現場特有の作法についても学びます。検査としては眼科において頻度の高い視力検査、屈折検査、視野検査、眼圧検査に重点を置いて学内で学んできた内容が実際にどのように生かされているかを確認するとともに、学内実習では学ぶことができないさまざまな背景をもつ実際の患者に対する接遇も学んでいきます。この実習を通して視能訓練士として眼科診療にあたるイメージをより鮮明化し自身の課題や興味を分析して能動的に学習していく姿勢を身につけることをめざします。

臨床実習

4年次には、医学部附属病院の外来での実習を行います。本実習では、卒業後に視能訓練士として即戦力となるための技術、知識、倫理観を養うことを目標とします。これまでの授業や学内の実習で培った知識、技術を活かし、現場の視能訓練士の指導のもとでより臨床的な技術の実践を行います。実際の患者さんを対象に、視力検査、屈折検査、眼圧検査、斜視検査、眼球運動検査、眼底検査、などのさまざまな検査を行い、その中で患者さんや他職種とのコミュニケーションをとることで信頼関係を築き、チーム医療の一員としての職業的態度を養います。さらに、各種専門外来や、手術の見学などを通して先端の医療を学ぶことができます。

おもな実習先一覧

帝京大学医学部附属病院、帝京大学医学部附属溝口病院、帝京大学ちば総合医療センター、医療法人社団済安堂 井上眼科病院、医療法人社団中央白報会白報会王子病院、聖母病院、船橋中央病院、埼玉協同病院、国立国際医療センター国府台病院 ほか

(2017年4月現在)

キーワードで検索