看護学科の授業紹介

丁寧かつきめ細かな指導で、着実に知識と実践力を高めていきます

看護師とは、豊かな人間性と冷静な観察力、判断力、高度な実践力が求められます。それらを習得するために座学だけでなく、グループワークや演習などの多彩な学習を通して、自ら考え主体的に学べる能力を身につけていきます。同時にチーム医療についても学び、他職種とのかかわり方を身につけます。

フレッシュセミナー

入学して間もない時期に、これから共に学ぶ仲間との交流を図りながら、主にグループ学習の中で大学での学修に必要な学習方法の基礎を学びます。自己紹介・他己紹介などでお互いを知ることから始め、それらにより緊張や不安を和らげ、仲間づくりの場とします。その後、文献検索の方法、レポート・論文の書き方の基礎、倫理的判断の基盤、文章の読解・批判的思考などを演習やグループワークを通して行います。自己学習で行ってきた内容を授業においてグループワークでディスカッションをし、また、それを発表することでさらに学修を深めていきます。本学科の特徴であるグループアドバイザー制度にのっとり、グループの担当教員は、個々の学生に合わせた助言・指導を行いながら、学生の学修をサポートします。今後のさまざまな科目におけるレポート作成や情報倫理の基礎となる科目です。

基礎看護学Ⅱ

看護師には看護専門職として患者さんの視点に立った質の高い看護を提供できる実践能カが求められています。時代に即した社会の規範にかなう倫理観を持ち、科学的根拠をもった看護が提供できるよう、基礎となる技術を学びます。この科目は1年次に初めて学ぶ演習科目です。看護技術の共通基盤(「看護技術とは」「コミュニケーション」「安全」「環境」「ボディメカニックス」)を学習し、その上で日常生活の援助(「活動・休息」「清潔」)に関する知識と技術を学びます。看護技術は演習(グループワークを含む)を通して学びますが、対象者の状態を把握し具体的な看護技術を提供するプロセスを生かすために、ただ手順を実践するだけでなく、対象者とのコミュニケーションを大切にし、健康状態の観察を行う技術を身につけていきます。演習では学生が患者さん役・看護師役・観察者役となり、お互いに客観的な意見をフィードバックすることで学びの共有と自己の課題を明確にしながら学びます。

看護援助論

看護対象者への日常生活援助技術に特化した原理・原則・方法を学びます。手順の習得ではなく演習での学び方に重点を置き、座学による知識への深い理解と幅広い分野の知識に裏付けされた、援助技術の習得をめざします。役割学習による体験的学びと学生の主体的学びによって、自ら考え、看護対象者への個別性ある生活援助を提供できる力を育てます。

キーワードで検索