柔道整復学科のカリキュラムのしくみ

基礎知識を徹底的に学び教養を深め、実習や国家試験に向けた応用力を高めます

1年次では身体の構造や働きなど、柔道整復に関連する基礎知識を身につけると同時に、柔道整復の歴史や医療に携わるうえでの倫理観など教養を深めます。2年次では基礎を応用し、医学知識の充実を図り、3年次からは臨床実習で技術を身につけ、応用力を高めます。4年次には臨床実習を通してさらなる知識・技術の向上をめざします。また、国家試験の準備と進路へ向けてスキルアップをめざします。

専門科目

(TR)トレーナー課程科目

※2017年5月現在の予定であり、一部変更の可能性があります。

キーワードで検索