青木昭夫研究室
青木昭夫研究室

品質工学はタグチメソッドと呼ばれ、アメリカの技術停滞を打ち破るのに貢献したと言われています。田口玄一博士は、アメリカの自動車工業界への貢献が認められ1997年に米国自動車殿堂入りをしました。日産自動車㈱では、品質工学による技術構築を進める際の支援と普及を行うため1989年に担当者を置きました。当初から、田口玄一博士による指導を高い頻度で受け、その成果として関係会社も含めた各分野への支援を経験しました。研究室では、企業における実績と経験を教育と研究の指導に反映し、教育指針の実学の研究室活動を進めています。技術者のリテラシーとして、品質工学と電気機器工学、実験計画法、直交表、統計解析の基本等も含め活動を進めます。

基本情報

教員名・所属 青木昭夫 / 理工学部機械・精密システム工学科
専門分野 品質工学と自動車工学の連携
研究テーマ 品質工学を用いることによる、水素燃料電池とモーターと二次電池を用いた小規模移動体用駆動系の最適化に関する研究
研究キーワード 品質工学、水素燃料電池、カート、PEFC、スタック、モータ、電気二重層コンデンサ
教員紹介URL https://www.e-campus.gr.jp/staffinfo/public/staff/detail/338/28

研究紹介

水素燃料電池とモーター・バッテリーを用いた小規模移動体用駆動系の最適化に関する研究
小規模移動体の対象は水素燃料電池カートで、直流モーターおよび交流モーター、バッテリーおよび電気二重層コンデンサ(スーパーキャパシタ)とを組み合わせた2つのタイプです。走行を含めた実験を行い、水素燃料電池の発電量、モーターの消費電流と発生トルク、速度等のデータの取得と解析を行い、最適化を行います。また走行データの計測システムや解析方法に関しても検討します。また、水素燃料電池スタック発電電圧と走行速度高速化とのトレードオフのため、シンプルで低価格な水素燃料電池カート用変速機構の開発についても検討します。駆動システムを対象とした品質工学によるロバスト設計、最適化手法に関して研究室活動を進めています。

先生ってこんな人研究の詳細や、研究に対する熱い思いなどを更に詳しくご紹介します

青木昭夫准教授の紹介

先生方が日々取り組んでいる研究について、どのようなきっかけで取り組むようになったのか、その研究はどのような形で社会に生かされていくのかなど、研究室紹介だけでは紹介しきれない内容や、普段なかなか知ることのできない先生方の研究に対する熱い思いなどをご紹介します。

青木昭夫の紹介