デ・ラサール大学ダスマリニャス校(フィリピン・カビテ州)で語学研修に参加しました

本学教員と学生がデ・ラサール大学ダスマリニャス校(フィリピン・カビテ州)で語学研修に参加しました

2019年3月、人間文化学科の学生が、フィリピンの名門大学のデ・ラサール大学ダスマリニャス校(DLSU-D)で約2週間の語学研修プログラムに参加しました。この研修は、本学教員と交流があった大学で、学生自らフィリピン文化を体験したいという希望から企画されました。デ・ラサール大学はマニラ首都圏の南隣にあるカビテ州にあり、広大な敷地に約1万3千人の学生が在籍しています。この大学の英語教員との1対1の英語学習をはじめとして、デ・ラサール大学の学生との交流やボランティア活動を行い、充実した日々を過ごしました。

研修の様子

報告レポート

■デ・ラサールでの語学研修に参加して

私たちは3月4日から17日までの2週間、フィリピンのデ・ラサール大学に行きました。4日の朝早く日本を出発し、午後3時頃ダスマリニャスに到着しました。授業のほとんどがマンツーマンの形をとられており、常に英語で講師と会話をするため、日本よりも圧倒的に英語を話す機会が多いと感じました。

1日目は到着後、食料の調達と換金のためにSMマーケットというところに行きました。SMマーケットの店員と英語でやりとりをするとき、自分の英語力のなさを身をもって痛感しました。読み書きの能力と話す聞く能力は全く別物だということが分かりました。2日目から実際に授業が始まり、まずはじめに現在の英語力レベルを知るため、テストを受けました。その点数によって今後の授業の方針を決めていくそうです。私はリーディングは満点だったのですが、スピーキングが半分しか取れていなかったので主にスピーキングに重きを置いた授業をすることになりました。講師は私に英語で話をさせるために、ただ聞くだけの授業ではなく積極的に質問をし、それに私が英語で応えていく形でした。そこで感じたのは、頭で文章を考えるのと実際に口で話すことに時間がかかり過ぎていたことです。単語を知っていてもどうやってそれを組み立てて相手に伝えたらいいのか、本当に分かりませんでした。ですが講師の方は、私が話し出すのに時間がかかっても一切口出しはせず、ずっと見守っていてくれました。3日目あたりからようやく英語を話すことに慣れ、ようやく英語力が上達しているのを実感できました。また、フィリピンの気候は3月でも30度近くありとても暑く、一緒に参加していた学生の一人が熱中症で倒れることがありました。体調はすぐに良くなったのですが、日本とフィリピンでは気候がまったく違うことも実感しました。4日目はこれまでの授業とは少し異なり、午後にPAGASAというところに行きました。PAGASAは過去に悪いことをしてしまった学生が更生するための施設です。私たちはそこで日本の文化を紹介し、学生たちと交流をしました。過去に悪いことを行ったといっても、現在は更生しているからかとても優しい学生が多かった印象です。会話の相手がこれまでの講師とは異なったため、コミュニケーションをとるのが一番難しかったです。5日目からは普段の授業を行っていたのですが、ちょうどデ・ラサール大学の文化祭と時期が重なっていたため、学内が屋台などで賑わっていました。halo-haloというフィリピン現地の食べ物を食べることができ、とても良い機会となりました。どれも日本では体験することのできないものばかりで全てが充実していたと思います。このプログラムを通して英語力の向上はもちろんのこと、学生や講師の方、現地の人との交流が全て意味のあることで、参加して本当に良かったと思いました。

(人間文化学科 2年 小柴 歩)

■大学の様子と学生との交流

デ・ラサール大学ダスマリニャス校はたくさんの木々や大きな池があり、とても緑の多い自然豊かなキャンバスです。キャンバス内にはいくつかのカフェテリアや食堂、博物館などがあり、設備が充実していました。また、キャンパス内にある陸上競技場や体育館などでは多くの学生がスポーツを楽しんでいて、とても賑わっている様子でした。キャンパスがとても広いため大学内専用のジプニーがあり、多くの学生がキャンパス内の移動手段として利用していました。 デ・ラサール大学の学生と交流する機会もあり、カフェテリアなどに出掛けて一緒に話をしました。フィリピンのことについて色々と教えてくれたり、日本のことや私たち自身のことについて興味を持って話しかけてくれたりして、とても気さくで親しみやすかったです。私はあまり英語が得意ではなかったのですが、わかりやすい英語で丁寧に根気強く伝えてくれて、さまざまな会話をすることができました。2週間という短い間でしたがとても充実した楽しい時間を過ごすことができ、貴重な経験になりました。

(人間文化学科 2年 藤本 珠笛)

過去のレポート

フィリピンでの語学研修は2016年度から始まりました。過去の様子はこちらからご覧いただけます。

キーワードで検索