日本語予備教育課程
The Japanese Language Course
日本語予備教育課程

大学・大学院への進学を目的とした、
留学生向け日本語教育プログラムです

本学の日本語予備教育課程では、日本語を母国語としない学生が、安心して日本語を勉強でき、上達するまでサポートします。世界のあらゆる国から留学生が学びに来ているため、大学にいながらさまざまな国の人々と切磋琢磨することができます。さまざまな民族の多様性の中で、日本語能力の上達だけにとどまらず、異文化理解、そして自己研鑚をしていくことのできる環境があります。

日本語予備教育課程の特長Feature

教育目的と3つのポリシー

教育目的と3つのポリシー

日本語予備教育課程は、建学の精神に則り、大学に入学を希望する外国人留学生を対象として、十分な日本語能力により大学での勉学で成果を上げることができる人材を育成することを目的とする。

詳しく見る

学習内容

学習内容

1年間の授業によって、聞き取りの上達や自分が伝えたいことが言えるようになるのはもちろんのこと、大学や大学院の授業も理解できる水準に達します。

詳しく見る

日本語予備教育課程科長からのメッセージ

日本語予備教育課程科長 松井 範惇
日本語予備教育課程科長
松井 範惇
MATSUI Noriatsu

日本語予備教育課程の目的は、日本語教育を通じて留学生のみなさんをサポートすることです。本課程の日本語教育には、次の3つの特徴があります。

第一に、留学生の日本語能力のレベルに応じ、少人数のクラスに分けて、経験豊かな教員によりきめ細かな教育を行っていることです。第二に、大学・大学院での勉学を念頭に置いて、単に「日本語を」学ぶのではなく「日本語で」専門分野を学ぶことができるようにすることを目的としています。このために、日本語能力のレベルに応じて、専門分野の勉強を視野に入れた教材を選ぶなど、教育方法を工夫しています。第三に、少人数クラスにおける学生と担当教員との密接なコミュニケーションにより、生活や進学などについて相談できる環境を整えていることです。

このような日本語予備教育課程を留学生のみなさんが活用していただくことで、日本での留学の成果を上げることを期待しています。

教員Teaching staff

教員名をクリックすると、教員検索機能による詳しい情報がご確認いただけます。(一部教員除く)