キャリアサポートセンター(板橋キャンパス)

専攻や学生の特徴をふまえ、柔軟なキャリア支援を実践しています

板橋キャンパス 就職委員長 薬学部  黄倉 崇教授
板橋キャンパス 就職委員長
薬学部
黄倉 崇教授

主に医療系専門職の養成を行う板橋キャンパスのキャリア支援は、単なる卒業時の就職や進学の支援といった短期的な視点ではなく、学生の将来を見据えた職業人としてのキャリア形成を長期的な視点で捉えています。具体的には教員と就職担当のスタッフが連携し、医療機関および企業の採用担当者や卒業生を招いて実施する講義や、自己分析・面接・小論文対策といったワーク形式の各種キャリア支援講座の開催、キャリアカウンセラーの有資格者を含む専任の就職相談員の配置など、さまざまな取り組みを行っています。また、救急救命士コースの学生を対象に消防官対策講座を資格予備校と提携し、学内で開講するなど、専攻ごとの特徴や学生の希望に配慮した柔軟なキャリア支援を実践しています。

キャリアサポート3つの特長

「求人NAVI」による就職活動の支援

過去のデータベースとキャリアカウンセラーによるサポート

これまで本学に届いている求人票がファイリングされており、自由に閲覧することができます。また、受験報告書のファイルもあり、過去にどのような採用試験が行われ、面接ではどのようなことを聞かれたかなどを知ることができます。さらに、キャリアカウンセラーの資格を持った相談員に、就職に関する相談(進路相談・履歴書添削・面接対策など)ができます。

 

国家試験対策(医学部の例)

国家試験対策委員を中心にアンケートをとり、年間に受講するものを決定。大学主催で春・冬に対象者限定で合宿形式の集中講義を実施します。また、学生希望による学内の教員の解説講義を、カリキュラム外で空いている時間を利用して実施します。さらに、本学出身教員がサポートチームを組み、国家試験対策を行います。

キーワードで検索