工学系クラブ『帝京フォーミュラプロジェクト』のフォーミュラカーに帝京大学学長が試乗いたしました

2018年12月01日

2018年11月8日(木)、帝京大学宇都宮キャンパスにて、工学系クラブ『帝京フォーミュラプロジェクト』(TFP)が製作したフォーミュラカーに、帝京大学学長 冲永佳史が試乗いたしました。このフォーミュラカーは、2018年9月4日(火)~9日(土)に開催された「第16回全日本学生フォーミュラ大会」(主催:公益社団法人 自動車技術会)で実際に走行した競技車両です。

今大会においてTFPは総合成績37位(全92チーム中/前回大会:総合全94チーム中73位)となり、ジャンプアップ賞2位受賞し、その結果をTFPの部長から冲永学長に報告をしました。

当日はキャンパス内の一部の直線道路を封鎖し、TFPから冲永学長にフォーミュラカーの操作説明を行った後、走行を開始しました。冲永学長はフォーミュラカーを乗りこなし、天候に恵まれたこともあり、快適にコースを4往復されました。

冲永学長からは車検を一発クリアして最終走行審査で完走を果たしたことへの称賛、来年の大会に向けてのさらなる期待、そして、物づくりにかかわることへの熱い気持ちがTFPに贈られました。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子04

当日の様子04

当日の様子05

当日の様子06

当日の様子07

当日の様子08

当日の様子09