メディカルクリエーションふくしま2018に出展しました【理工学部】

2018年11月21日

2018年10月18日(木)・19日(金)、ビッグパレットふくしま(福島県郡山市)にて開催された医療機器・製造の展示会である「メディカルクリエーションふくしま2018」に、帝京大学理工学部情報電子工学科 小川充洋研究室が出展しました。小川研究室の出展は、今年で3年目となります。

研究室のブースは産学連携ゾーン内に設置され、「デジタルゲーム中の生体計測・心理ストレス解析技術」「デジタルゲームと生体計測を融合した新たな健康管理方式の提案」「シリアスゲームおよびゲーミフィケーションによるヒトおよび人間社会支援の試み」「近赤外光を用いた液相生体成分計測法の開発」などの研究成果を展示しました。

当研究室では、医工学・医工連携・福祉工学・ゲームサイエンスなどの分野での技術的質問や共同研究、受託研究などを行っています。ブースへご来訪いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

当日の様子

当日の様子

当日の様子