五艘ゼミがまち歩きマップを作成しました【経済学部】

2018年04月27日

帝京大学経済学部地域経済学科准教授 五艘みどりのゼミで行なっている、蔵の街 観光情報発信プロジェクト「とち蔵」の活動において、まち歩きマップを作成しました。

本プロジェクトは、栃木県栃木市産業振興部観光振興課と連携して行うプロジェクトで、"蔵の街"として風情ある施設などが残る栃木市のブランド力向上をめざして、若者と高齢者へそれぞれ別のアプローチ方法で情報発信を行うものです。栃木市の観光ターゲットを若者と高齢者に明確化した上でさまざまな観光資源調査を実施し、ターゲット別の多様なニーズに対応する周遊ルートを検討しながら情報発信を行います。

今回作成したまち歩きマップは高齢者の方を意識しており、「楽しく歩いて健康になっちゃおう!」というテーマのもと、案内ルートに歩数や距離、所要時間を記載しています。また、まち歩きの途中でくつろげるレストランやカフェ、学生が実際に体験した滝行や浴衣体験などの蔵の街らしい文化体験も、コメントつきで紹介しています。

まち歩きマップは、栃木市内の観光案内所をはじめ、県内で配布される予定です。"蔵の街"の散策の際は、ぜひこのマップをご利用ください

 

関連リンク

 

パンフレット