「絆フェスタ」に参加しました【理工学部】

2018年03月26日

2018年2月22日(木)~25日(日)、王立プノンペン大学(カンボジア王国)にて、カンボジア日本人材開発センター主催の「絆フェスタ」が開催され、帝京大学理工学部情報電子工学科教授 蓮田裕一と荒井裕貴さん(理工学部3年)が参加し、自律型ロボットを用いて学術交流と本学の紹介を行いました。

王立プノンペン大学の学生や現地のIT企業の方など約120人が本学のブースに来場し、蓮田教授と荒井さんの指導のもと、ライントレースロボットの実演とカピバラさんロボットの操作体験を行いました。来場者の方は自律型ロボットの体験に興味津々で、PID制御やBluetooth通信の方法について多くの質問がありました。荒井さんは質問に英語で丁寧に対応し、本学大学院理工学研究科への進学を考えている方にも、指導教員選択や入学試験などといった入学までの過程、学費および日本での生活費について説明をしました。同行した本学職員による入学説明会にも70人以上の学生が集まり、真剣に話を聞いていました。

イベント終了後、カンボジア日本人材開発センターから今回の学術交流に対して感謝状が贈られました。また、現地の方と再会を約束し、たいへん実りのあるイベントとなりました。今後も、本学ではさまざまな国と学術交流を推進していきます。

蓮田教授の研究活動の詳細は下記をご覧ください。

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04