本学大学院生がユーグレナ研究会において「若手優秀発表賞」を受賞しました【理工学研究科】

2017年08月31日

2017年8月26日(土)、とかちプラザ(北海道帯広市)で開催されたユーグレナ研究会第33回研究集会において、丹野夕麗さん(理工学研究科博士課程前期修士1年)の発表が、若手優秀発表賞を受賞しました。若手優秀発表賞は、ユーグレナ研究会における学部学生や大学院生の発表に対し、研究会参加者全員が投票し2名に授与される賞です。研究会では、丹野さんが発表した「明暗周期培養の及ぼすEuglena gracilisのカロテノイド合成への影響」と題するポスター発表とショートプレゼンテーションが高く評価され、今回の受賞につながりました。

発表した研究内容は、丹野さんがバイオサイエンス学科4年生の卒業研究で取り組んだテーマを発展させたもので、理工学部バイオサイエンス学科教授 篠村知子や加藤翔太博士研究員らの指導の下、学内外の研究者にも協力を仰ぎ、共同で進めている研究成果を発表しました。

丹野さんは、本研究で、微細藻類Euglena gracilis(ユーグレナ)のカロテノイドの蓄積量が光の明暗切り替えに応じて変化すること、さらに、カロテノイド分子種類によって増減の傾向が異なることを明らかにしました。

丹野さんは、「思いがけず優秀発表賞をいただき光栄です。いろいろな方々にご助言をいただき実験をすすめることができました。卒業研究から精力的に取り組んできた研究を、このように評価していただいたことを大変嬉しく思います。この受賞を励みに、今後もユーグレナの光応答の解明に全力をつくしていきます。」と喜びのコメントをされました。

今後は、カロテノイドがどのような光制御で調節されているのかを詳しく解析し、強光ストレスに強いユーグレナの育種研究へと発展させることが期待されています。

 

発表内容の詳細は下記リンクよりご覧いただけます。

 

当日の様子01

当日の様子02