理工学部機械・精密システム工学科オートモビル・テクノロジー・コースの学生が「二級ガソリン自動車整備士」の学科試験に合格しました

2017年04月14日

帝京大学理工学部機械・精密システム工学科オートモビル・テクノロジー・コース(ATC)では、国家資格である「二級ガソリン自動車整備士」の学科試験に、12名が受験し、2年連続で全員合格を達成しました。また、今回の試験では、ATCとしては初めて、女子学生の合格も実現しました。今後は、全部免除申請を行うことによって、二級ガソリン自動車整備士の国家資格(検定試験合格証書)取得となります。

 

オートモビル・テクノロジー・コース(ATC)は、自動車の開発エンジニアを養成することを目的とした、東日本初の4年制大学のコースです。自動車整備のための養成課程を修了し卒業する事によって、国家資格(二級自動車整備士)の受験資格が取得できます。

 

オートモービル・テクノロジー・コース(ATC)学生