「地域の産業と特性を活かした未来づくりセミナー」を開催します

2018年08月01日

※画像をクリックするとPDFが開きます。

2018年10月15日(月)、帝京大学霞ヶ関キャンパスにて、冲永総合研究所主催の公開セミナー「地域の産業と特性を活かした未来づくりセミナー」を開催します。

本セミナーは、日頃から地方行政の一線で活躍されている地方自治体や関連団体の職員の方々を対象に、地域の特性を生かした経済活動を支援し、地方の活性化を一段と促進するための研修と交流を目的としています。

具体的には、2017年7月に施行された「地域未来投資促進法」の活用方法や中核企業支援の考え方、成長ものづくりや高度のサービス分野で先行している地域の取り組み事例を紹介します。成長性の高い産業を集積させ地域活性化につなげる地方公共団体や企業の支援、特に、地域経済を牽引する中核的企業の育成について、経済産業省、民間企業、自治体職員から話題提供いただき、パネルディスカッションで議論を深めます。

 

開催概要

■日時:2018年10月15日(月)13:30~18:30(開場13:00)

■対象:自治体・関連団体職員、議会議員、どなたでもご参加いただけます。

■参加費:無料

■募集人数:100名

※申込人数が定員に達しましたので、受付を終了させていただきます。

プログラム

時間 内容
13:30~13:40 ご挨拶
帝京大学理事長・学長/冲永総合研究所所長
冲永 佳史
13:40~14:40 基調講演
「地域未来投資促進法を活かして地域の未来を創造する」
小川 祥直氏(経済産業省 地域企業高度化推進課長)
14:40~15:20 基調報告
「東京の多摩に活力を起こした企業」
上野 保氏(東成エレクトロビーム 取締役会長)
15:30~17:00

パネルディスカッション
<話題提供>

「地域の強みを活かした連携で拓く産業の未来 ―福島県郡山市―」藤橋 桂市氏 (郡山市産業観光部 部長)

「海なし県でふぐ養殖 ―栃木県那珂川町―」金子 弘道(帝京大学経済学部地域経済学科 客員教授)

 
パネリスト:小川氏、上野氏、藤橋氏、金子氏
モデレーター:内貴 滋(帝京大学経済学部地域経済学科 教授)

17:00~18:30 交流会
(軽食あり、無料)

 

主催/後援

【主催】帝京大学冲永総合研究所

【後援】総務省、全国知事会、全国都道府県議会議長会、全国市長会、全国市議会議長会、全国町村会、全国町村議会議長会

 

お問い合わせ先

帝京大学冲永総合研究所 プラクティカル・ラボ霞ヶ関

〒102-0093 東京都千代田区平河町 2-16-1 平河町森タワー9階

TEL:03-5213-4503 FAX:03-3556-7125