奥教授がLiposome Research Days(LRD)2019でBangham Awardを受賞しました【薬学部】

2019年09月26日

2019年9月15日(日)~18日(水)、北海道大学(北海道札幌市)にて行われたLiposome Research Days(LRD)2019にて、帝京大学薬学部教授 奥直人がBangham Award(バンガム賞)を受賞しました。LRDは1990年に始まった世界中で活躍するリポソーム研究者が一堂に会する国際学術会議であり、リポソーム発見者のバンガム博士にちなんで、リポソーム研究への貢献者にBangham Awardを贈呈しています。

奥教授は長年に渡るリポソームの物性研究やDDSの応用研究について多くの成果を挙げたことが認められ、アジアの研究者として初となる同賞の受賞となりました。

これからも帝京大学は、薬学研究の発展に尽力していきます。

 

当日の様子

当日の様子

奥直人教授紹介