低カリウム野菜フォーラムを開催しました

2019年04月17日

2019年3月9日(土)、帝京大学板橋キャンパスにて、第4回低カリウム野菜フォーラム in 帝京大学~医療エビデンスからみた腎臓病患者のための低カリウム野菜~(主催:全国低カリウム野菜研究会、共催:帝京大学・秋田県立大学)を開催しました。全国低カリウム野菜研究会は、腎臓病患者とその家族、医療従事者や野菜栽培に携わる方々に資することを目的としており、研究会のホームページによる情報発信のほか、年1回の講演会を開催し、低カリウム野菜の活用を推進しています。

当日は、本学および医学部附属病院の教職員をはじめとする低カリウム野菜の有識者7人による講演が行われ、学内外の医学・農学・工学分野の研究者や従事者など多くの方々に聴講いただくなど、情報交換会を含む盛況なフォーラムとなりました。

これからも帝京大学は、産業界への技術供与を通してより実用的な研究成果を社会へ発信していきます。

 

講演内容

講演内容 講演者

【基調講演】高カリウム血症の治療と対策を振り返る

富野康日己氏(松和会 常務理事 順天堂大学名誉教授)

血液透析患者に対する低カリウム野菜の有用性について~アンケート調査と臨床試験の結果から

内田俊也氏(帝京平成大学国際交流センター長・教授/帝京大学医学部客員教授)

LED光源を用いた低カリウムレタス、トマト、キュウリ生産技術の開発

渡邊博之氏(玉川大学農学部 教授)

低カリウム野菜普及のために管理栄養士が果たす役割

内田加奈江(帝京大学医学部附属病院栄養部管理栄養士)

朝倉比都美(帝京大学医学部附属病院栄養部管理栄養士)

患者からみた低カリウム野菜

馬場享(全国腎臓病患者協議会会長)

高付加価値野菜の動向と今後の展開

渡邉豪千氏(富士通ホーム&オフィスサービス株式会社 取締役)

【パネルディスカッション】医療エビデンスからみた低カリウム野菜の普及

司会:宿野部武志氏(ペイシェントフッド 代表理事)

詳細については下記をご覧ください。

 

当日の様子01

全国低カリウム野菜研究会会長 吉澤結子氏

当日の様子02

秋田県立大学理事長 小林淳一氏

当日の様子03

帝京大学理事長 冲永佳史

当日の様子04

講演発表会での活発な質疑

当日の様子05

パネリストによる討論風景

当日の様子06

情報交換会での記念撮影