SASの共同データサイエンス・スキル認定プログラムについてプレスリリースを行いました【公衆衛生学研究科】

2018年12月14日

2018年11月20日(火)、帝京大学大学院公衆衛生学研究科とSAS Institute Japan株式会社(東京都港区)が、同研究科修了生のうち通算16人に対して認定を行ってきたSAS Joint Certificate BiostatisticsについてSASよりプレスリリースを行いました。本学とSASは、2017年にMOUを締結しており、共同でデータサイエンス・スキル認定プログラムを推進しています。

本プログラムは、大学とSASが指定した実習を含むデータサイエンス関連の講義を学生が受講し、一定数の単位を取得した学生に認定を与えるものです。これにより、企業や組織は客観的で実用的な認定資格にもとづいて学生のデータサイエンス・スキルを評価することが可能になり、アナリティクス人材の需給ギャップ解消と学生の学習意欲向上に貢献することが期待されます。

これからも本学は、産学連携を通して研究成果を積極的に社会へ発信してきます。本リリースの詳細は下記をご覧ください。