ELS研究会が「第1回心肺蘇生法普及動画コンテスト」で表彰されました

2018年01月10日

帝京大学板橋キャンパスのELS研究会が「日本蘇生学会第1回心肺蘇生法普及動画コンテスト」において、代表理事賞・最優秀視聴者賞を受賞しました。

心肺蘇生法普及動画コンテストは医系学生を対象としており、「一次救命処置(BLS)、気道異物除去、AED」の3部門に対して、一般の方にわかりやすく心肺蘇生法を広めることを目的として開催され、今回、本学のELS研究会の動画が表彰されました。

ELS研究会は救急医療を学ぶ学生で構成され、救急現場を想定した訓練、応急手当普及活動および救護ボランティアなどに取り組み、医療従事者に求められるコミュニケーション能力やチームワークを養うとともに、「応急手当普及員資格の取得」、「地域住民への心配蘇生法(BLSを含む)の普及」、および「病院前救護の知識・技術・志の向上」をめざしています。

動画は学生たち自ら制作・編集を行い、日ごろの活動の経験を生かし一般の方が理解しやすいように工夫し、制作されています。

今後も心配蘇生法普及に貢献できるよう学生たちは活動していきます。ELS研究会の詳細は下記をご覧ください。

 

当日の様子01

当日の様子02