株式会社ヤクルト本社との共同研究により、ガラクトオリゴ糖の継続摂取による乳児の糞便中ビフィズス菌の増加を証明しました

2016年04月28日

帝京大学医学部小児科学講座の児玉浩子非常勤講師(前客員教授・現帝京平成大学 健康メディカル学部 健康栄養学科 学科長)は、株式会社ヤクルト本社との共同研究の成果として、育児粉乳で哺育される乳児にプレバイオティクスの一種であるガラクトオリゴ糖(※1)を継続的に摂取してもらうことにより、便中のビフィズス菌の占有率が増加し、腸内フローラが母乳栄養字型へ変更することを、無作為化プラセボ対照二重盲検試験(※2)にて明らかにしました。これにより、ガラクトオリゴ糖の継続摂取が育児粉乳で哺育される乳児のおなかの健康に役立つ可能性が示されました。
尚、本研究成果は学術誌「Beneficial Microbe」に4月28日に公開されました。

 

 

(※1) ガラクトオリゴ糖

大腸でビフィズス菌を増加させ、整腸作用を示す機能性のオリゴ糖の一種。

 

(※2) 無作為化プラセボ対照二重盲検試験

試験参加者を無作為に群分けした上、その内訳については試験参加者だけでなく試験の実施に関わる医師や看護師などの試験実施者が知りえない状況で実施される。また、色や味を似せて有効成分を含まないプラセボ飲料を比較対照として使用。無作為化プラセボ対照二重盲検試験により得られた成果は、より科学的信頼性の高い成果といえる。