八王子キャンパスでNHKドラマ「フェイクニュース」の撮影が行われました

2018年09月19日

2018年8月、帝京大学八王子キャンパスソラティオスクエアおよび図書館であるメディアライブラリーセンター(MELIC)において、NHKドラマ「フェイクニュース」の撮影が行われました。このドラマは、世界中で話題のフェイクニュースを切り口に、「真実と嘘」・「分断」・「人は何を信じるのか」という普遍的なテーマをエンターテインメント性豊かに描いた、現代社会に警鐘を鳴らす社会派ドラマです。

当日は主演の北川景子さん、永山絢斗さんをはじめ、エキストラ、スタッフと多数の方々が八王子キャンパスに来学し撮影を行いました。出演俳優の皆さんからいただいたサインは、八王子キャンパス広報グループにて展示しています。

 

番組詳細

2018年10月20日(土)前編、10月27日(土)後編  NHK総合 21:00~21:49
※放送日・時間などは変更される場合があります。