英国ケンブリッジ大学との合同講義を開催しました

2018年08月21日

2018年8月7日(火)~10日(金)、帝京大学八王子キャンパスにて、英国ケンブリッジ大学からJudge Business SchoolのShahazad Ansari教授をお招きし、帝京大学とケンブリッジ大学の合同講義を開催しました。

9日(木)にはソラティオスクエアACTrium教室にて、特別講義「ケンブリッジ流イノベーションへの挑戦と取り組み-グローバルな知恵に学ぶ-」も行いました。これは経済学部のオープン科目「特殊講義(グローバル経営)」の講義受講者、および本学在学生に向けて実施されたもので、留学生を含む30人の学生の参加がありました。

Ansari教授は、本学経済学部経営学科教授 武田基秀とともに、ケンブリッジ流イノベーションへの取り組み、日本・アジアの産業界の課題をはじめ、地域連携、起業家精神など多岐にわたる話題について講義を実施しました。世界でも最も多くのノーベル賞受賞者を輩出し、新たな産業を生み出しているケンブリッジ大学の話に学生たちも熱心に聞き入り、活発に発表や質問をしていました。本講義で学んだことを、学生が今後の学業で生かし、幅広い分野で活躍することを期待します。

 

当日の様子1

当日の様子2

当日の様子3

当日の様子4