八王子キャンパス「SORATIO SQUARE」の第Ⅱ期工事建築が、順調に進んでいます

2017年09月27日

帝京大学八王子キャンパスでは、キャンパスリニューアルの一環として、地下2階、地上22階の免震構造を採り入れた新校舎棟・Ⅰ期工事建築エリアが2015年9月に完成しました。新校舎棟「SORATIO SQUARE(ソラティオスクエア)」は、太陽光発電装置の導入や地熱利用等、省エネに配慮しながら、多摩丘陵の豊かな景観や地形と一体的にデザインすることにより、帝京大学の教育理念や伝統ある学問の積み重なりを表現しています。

現在、2017年11月の完成をめざし、低層部のⅡ期工事建築が進められています。すでに活用されている「SORATIO SQUARE」Ⅰ期工事建築エリア周辺も整備が進んでおり、徐々に全体の姿を現しています。

 

新校舎棟Ⅱ期工事の様子01

新校舎棟Ⅱ期工事の様子01

新校舎棟Ⅱ期工事の様子01