シンポジウム「韓国の中の日本・日本の中の韓国」を開催します

2017年04月17日

2017年5月18日(木)、帝京大学八王子キャンパスにて、本学と水原大学校(韓国)の共同シンポジウム「韓国の中の日本・日本の中の韓国」を開催します。

水原大学校は10学部を擁する韓国の総合大学で、本学とは2007年に大学間交流協定を締結しています。今回のシンポジウムは、両大学の更なる学術交流を期待し企画されたもので、当日は「韓国の中の日本・日本の中の韓国」をテーマに、両大学の教員が講演を行います。

帝京大学の関係者はもちろん、学外の方も参加できますので、お誘い合わせのうえ、ご参加ください。

 

図書館総合展ブックレット

開催概要

■ 開催日時:2017年5月18日(木) 9:10-16:00(開場:8:45)

■ 場  所:帝京大学八王子キャンパス ソラティオ スクエア B2階 小ホール

■ 入 場 料:無料・事前申込不要

 

プログラム

※使用言語:日本語・韓国語(同時通訳が付きます)

■開会の挨拶

  冲永佳史 帝京大学理事長・学長

■講演「日本と韓国では宗教はどのように違うのか?」 【9:20-10:25】 

  安達義弘 帝京大学 文学部社会学科長 教授

■講演「第4次産業革命と水原大学校の変化」 【10:45-11:50】

  李南植 水原大学校 第二創学委員会委員長

■講演「日韓共通歴史教材研究会に参加してー第三国の視点からー」 【13:30-14:35】

  ブレンダン・ル・ルー 帝京大学 外国語学部外国語学科 准教授

■講演「韓日説話の類似性と文化産業」 【14:50-15:55】

  林善弘 水原大学校 創業支援団長 経営学部 教授

■閉会の挨拶

  松井範惇 帝京大学短期大学 教授

講演者紹介

安達 義弘

帝京大学 文学部社会学科長 教授
九州大学大学院文学研究科修了、博士。九州大学文学部助手、久留米大学比較文化研究所研究員、福岡国際大学国際コミュニケーション学部教授、福岡国際大学学長をなど経て、現職。専門は宗教社会学。

 

李 南植

水原大学校 第二創学委員会委員長

KAIST博士課程修了、博士。米国ブルームフィールド大学、名誉博士。漢城大学校教授、全州大学校総長、ソウル総合科学大学院大学校総長、大統領直属国家ブランド委員会委員などを歴任したのち、現職。

 

ブレンダン・ル・ルー

帝京大学 外国語学部外国語学科 准教授

フランス国立東洋言語文化研究院アジア・太平洋専攻日本研究DEA取得、東京学芸大学大学院連合大学院教育学研究科修了、博士。松山大学経済学部外国人特別任用講師を経て、現職。専門は日仏交流史。

 

林 善弘

水原大学校 創業支援団長 経営学部 教授

イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校MBA。ソウル大学校経営大学最高経営者課程修了。サムソン電子入社後、ブランド戦略やマーケティングを担当。ロシア法人長、中東アフリカ輸出グループ長などを経て、現職。