経済学部経営学科 片上ゼミが「Sport Policy for Japan2016」にて特別賞を受賞しました

2016年12月09日

2016年10月29日(土)・30日(日)、明治大学駿河台キャンパス(東京都千代田区)にて、笹川スポーツ財団主催「Sport Policy for Japan 2016」が開催され、帝京大学経済学部経営学科 片上千恵講師のゼミが特別賞を受賞しました。第6回となる今年は、21大学53チームが出場し、帝京大学からは、3つのゼミ、5つのチームが出場しました。

片上千恵講師のゼミでは、「ブラインドサッカー集客数向上のための施策~ダイバーシティ推進をめざして~」というテーマのもと、ブラインドサッカーとダイバーシティがどのような相乗効果を生むかを研究し、政策提言を発表しました。より多くの人にブラインドサッカーを観てもらい、その認知度を上げるためにアンケートやインタビュー調査を通して、研究、考察を行いました。思わず試合会場に足を運びたくなるような楽しいブラインドサッカー独自の応援スタイル・応援グッズを発案し、試合会場での集客数を増加させてブラインドサッカーの知名度を上げることがダイバーシティの理解・発展につながっていくと発表しました。

 

「Sport Policy for Japan」とは

日本のスポーツの現状・将来について問題意識を持った全国の大学3年生が政策提言を持ちより、意見を交換するプレゼンテーション大会です。

 

当日の様子01

当日の様子02