帝京大学学生とマレーシア・イスラーム国際大学の学生がライブチャットで異文化交流をしました

2016年05月27日

マレーシア・イスラーム国際大学(マレーシア・クアラルンプール)の学生と帝京大学経済学部観光経営学科の学生との間で、ライブチャット形式で日本語による討論を講義の中で実施しました。

2016年5月17日(火)に行われた安田 慎講師の講義「観光文化論Ⅰ」は、日本文化や異文化交流を通じて「世界から見た場合に、日本はどのように見えるのか」ということを考えながら、日本における観光に対する理解を深めていこうという講義でした。

 

当日はマレーシアの学生が作成した動画を事前に視聴して議論内容を双方で考えたうえで、日本とマレーシアの文化の違いについて、言語やファッション、初等教育、民族文化といったテーマを中心に討議が展開されました。本講義には日本人学生だけでなく韓国やマレーシアからの本学留学生の受講生も受講しており、アメリカ留学中のイスラーム国際大学の学生も参加するなど、国際色豊かな雰囲気のなか、友好的な和やかな雰囲気で行われました。

 

本件に関するお問い合わせ先

帝京大学八王子キャンパス広報グループ

TEL:042-678-3311

 

当日の様子01

当日の様子02

当日の様子03

当日の様子04

当日の様子05