帝京大学看護職・人材育成センター設立の経緯

社会の変化に伴って医療現場での環境もめまぐるしく変わっていく中で、看護師が求められ、果たすべき役割も広がりを見せています。その時代に対応した人材を育てるために設立されたのが、本センターです。

看護職を取り巻く環境の変化に応え、設立されました

急速な医療技術の進化、加速する高齢化など、社会の変化により、看護の業務範囲が拡大しています。それに伴い、専門性の高い知識・技術、リーダーシップ、研究など、看護現場の環境も大きく変化しています。看護教育機関には、教育の多様化や臨地力が求められ、実践と教育の連携が必要となっています。そして今、「チーム医療」の一員としてコミュニケーション能力、役割拡大、知識拡大、看護のあり方の進化が求められています。

 

また、帝京大学医学部附属病院が2009年5月に新病院開院、2012年には板橋キャンパスの新校舎に医療系3学部が集結し、学生・職員がそれぞれの専門領域を横断した1つのチームとなって質の高い医療をめざせる環境がスタートしました。

本センターは、こういった環境の中で看護職のキャリアパスの構築、人材育成を支援するべく、2012年に組織されました。

キーワードで検索