センターの概要・理念
センターの概要・理念

センターの理念

求められる能力・知識は変化しますが、常に変わらず学生が学びやすい環境や体制を整え、成長をサポートしていきます。

本センターは、帝京大学医学部附属病院、帝京大学医療技術学部看護学科、帝京高等看護学院の看護職が連携し実践・教育・研究を基本とし帝京大学看護職の質向上を図り、自立した看護職を育成し社会に貢献することを目的とします。

設立の経緯

急速な医療技術の進化、加速する高齢化など、社会の変化により、看護の業務範囲が拡大しています。それに伴い、専門性の高い知識・技術、リーダーシップ、研究など、看護現場の環境も大きく変化しています。看護教育機関には、教育の多様化や臨地力が求められ、実践と教育の連携が必要となっています。そして今、「チーム医療」の一員としてコミュニケーション能力、役割拡大、知識拡大、看護のあり方の進化が求められています。

また、帝京大学医学部附属病院が2009年5月に新病院開院、2012年には板橋キャンパスの新校舎に医療系3学部が集結し、学生・職員がそれぞれの専門領域を横断した1つのチームとなって質の高い医療をめざせる環境がスタートしました。
本センターは、こういった環境の中で看護職のキャリアパスの構築、人材育成を支援するべく、2012年に組織されました。