ワーキンググループの活動紹介
ワーキンググループの活動紹介

看護職の質の向上を図るための活動を行っています

高度実践コース ワーキンググループ

本年度は、がん看護に焦点を絞り、緩和ケア、乳がん看護、リンパ浮腫、がん化学療法看護を認定看護師が企画し、講義、演習、グループワークを行いました。すべてのコースを受けていただくためにエントリー制としました。「受講生からは、看護介入の参考になった。具体的な内容でよかった。」との反応が見られました。

教育指導者 ワーキンググループ

「臨地実習指導者研修」、「ソーシャルスキル(SST)研修」、「ポートフォリオ」を柱とし、専門職としての意識を高めると共に、学生のみならず後輩を含めた教育指導が行える人材を目指しています。

看護研究 ワーキンググループ

今年度から臨床看護師の看護研究を支援する目的でWGが設置されました。
今年度は “自分の研究を自分の言葉で伝えてみよう”というテーマでディスカッションを行い、参加者からは“研究活動の体験を共有できた”“助言を得られて視野が広がった”などの意見が寄せられています。研究を進められる一助になれるよう活動しています。

人事交流 ワーキンググループ

人事交流ワーキングでは看護師と看護教員、看護学生と協力して、「TEIKYO NURSING FESTA」を開催し地域の方々の健康保持・増進に努めています。さらに、旬なテーマを題材にした講演会を行い、看護職としてのスキルアップを目指しています。