帝京大学女性医師・研究者支援センター開設記念講演会が開催されました

2013年02月20日

2013年2月8日、帝京大学板橋キャンパスにて、男女共同参画活動のキックオフとして、女性医師・研究支援センターの設立を記念する講演会が開催されました。

昭和女子大学学長で、ベストセラー「女性の品格」の著者でもある坂東眞理子先生から、女性の社会的な活躍の重要性について貴重なお話をしていただきました。また政府の女性研究者支援事業の中心的オフィサーである山村康子先生、宇宙航空研究開発機構(JAXA)国際部参事の塩満典子先生からは国の政策として女性の研究者育成の必要性と具体的な競争的資金の獲得方法についてお話をしていただきました。また、学内からはセンターの今後の取り組みについて野村恭子センター室長より報告が、またセンターとの連携について帝京アカデミックリサーチセンター・センター長の寺本民生医学部長より説明がありました。当日は学内外から多数の方々に参加いただき、盛況のうちに講演会と情報交換会を終えることができました。

 

 

【帝京大学女性医師・研究者支援センター】

本センターは2013年4月1日より開設され、本学常務理事である冲永寛子がセンター長を務めます。女性が仕事と家庭を両立させながら質の高い研究活動が生涯にわたって行えるよう、関係部署と連携をとりながら、研究者の人材育成を全学部にて行っていくこととなっております。

キーワードで検索