帝京大学心理臨床センター設立の経緯

こころのケアは時代とともに進化を続けています。2001年、本学大学院文学研究科に臨床心理学専攻の立ち上げと共に設立したのが、帝京大学心理臨床センターです。

実践教育と地域貢献のフィールドとして誕生しました

本センター設立にいたる大きなきっかけとなったのが、1995年に始まった公立中学校へのスクールカウンセラーのモデル配置です。臨床心理を身近に経験した学生が増え、職業や学問としての関心が一気に高まったこともあり、資格審査規定の改定が進められました。

また近年では、学校や職場でもコミュニケーション能力を重視されることが多くなり、人との社会的な意思疎通が苦手なために社会から受け入れられないなど、こころのサポートへのニーズ拡大はとどまることを知りません。本センターでは、精神分析学や発達心理学、コミュニティ心理学など、さまざまな分野の専門スタッフの下、多角的なカウンセリングのアプローチを図っています。
心理臨床の理論・技法およびその実践に関する教育と研究を目的とし、臨床心理士の資格取得をめざす上でも重要な実習環境が整っています。

キーワードで検索