センターの概要・理念
センターの概要・理念

センターの理念

本センターは、地域社会における住民のみなさまにメンタルケアの面でお役にたちたいと考えています。また、臨床心理学を学ぶ大学院生を育成することも重要な目標の一つです。そのため、臨床心理士の資格を持つ教員の指導の下、訓練を受けた大学院生もカウンセリングを担当しています。また場合によっては、より適切と思われる医療機関など、他の相談機関をご紹介することもあります。
街や暮らしを豊かにするのは人間のこころです。地域に開かれたこころの相談窓口として、教員と学生が一丸となって一人ひとりのこころの問題と丁寧に向き合っています。

センター長からのメッセージ

センター長 元永 拓郎教授
センター長
元永 拓郎教授

生きていく上で悩みはいつもついてまわります。時には自分だけでは対応できないほど大きな苦悩があります。こころの小さな不安を語らずにいられない時もあります。私たちは、みなさんのこころの声にじっくりと耳を傾けます。悩みによってはうまく表現できない場合もあるでしょう。そのような時でも、ゆっくりと時間を共有します。遊びを取り入れたり、箱庭を作ったり、また絵を描いたりして、言葉にならないこころの叫びにも耳を傾けます。
悩みが深いほど癒されるのに時間がかかるでしょう。時には絶望に圧倒され、身動きがとれない時もあるかもしれません。そのような場合でも希望を見出し、ふっとこころがゆるむ瞬間を、私たちはじっくりと待ち、サポートしていきます。みなさんにゆったりと過ごしていただくための相談室とプレイルームをご用意しました。青が基調のこころ休まる雰囲気です。どうぞお気軽にご利用ください。

設立の経緯

こころのケアは時代とともに進化を続けています。2001年、本学大学院文学研究科に臨床心理学専攻の立ち上げと共に設立したのが、帝京大学心理臨床センターです。

本センター設立にいたる大きなきっかけとなったのが、1995年に始まった公立中学校へのスクールカウンセラーのモデル配置です。臨床心理を身近に経験した学生が増え、職業や学問としての関心が一気に高まったこともあり、資格審査規定の改定が進められました。

また近年では、学校や職場でもコミュニケーション能力を重視されることが多くなり、人との社会的な意思疎通が苦手なために社会から受け入れられないなど、こころのサポートへのニーズ拡大はとどまることを知りません。本センターでは、精神分析学や発達心理学、コミュニティ心理学など、さまざまな分野の専門スタッフの下、多角的なカウンセリングのアプローチを図っています。
心理臨床の理論・技法およびその実践に関する教育と研究を目的とし、臨床心理士の資格取得をめざす上でも重要な実習環境が整っています。