帝京大学ラーニングテクノロジー開発室設立の経緯

授業改善に向けたテクノロジー活用を支援するために設立されました

教員がより良い授業を実践する際に、学習活動に特化した情報通信技術(ラーニングテクノロジー)をごく自然に導入する時代になりました。大学全体として、ラーニングテクノロジー活用を軸とした授業改善を継続的に推進するためには、教員を組織的に支援する仕組みが必要です。本開発室は、本学教員のラーニングテクノロジー活用を支援し、活用のための基盤システムを開発、整備するために、2003年に宇都宮キャンパスに設置されました。
以後、全学の学習管理システム(LMS)のサービスを提供するとともに、LMS活用授業支援を中心に継続的な活動を行っています。

キーワードで検索