病原真菌株のカルチャーコレクション

有用な真菌株資源の保存活動と、大学や病院、研究所などへの提供を行っています

本センターは、1984年に日本微生物株保存連盟(現・日本微生物資源学会)に加盟後、国内の医療現場で分離された病原真菌種の臨床分離株を中心に、有用な真菌株資源の保存活動を長年にわたって進めてきました(TIMMコレクション)。

保有する真菌株は2010年4月の時点で約9,700株(酵母:約6,500株、糸状菌:約3,200株など)に上っています。1992年に生物多様性条約が締結された結果、研究試料として病原微生物そのものやDNAを海外から入手することが難しくなっています。したがって、国内で分離された臨床分離菌株が多数を占めるTIMMコレクションは、我が国における真菌症対策を講じていく上で貴重なバイオリソースとなっていくでしょう。

私たちは、これらの保存真菌株を病原微生物の取り扱い基準を満たしている大学、病院、公的研究機関、企業の研究所などへ提供し、真菌症ならびに病原真菌の研究・教育を行う人びとを支援しています。このような活動を通じて、真菌症の克服、ひいては感染症の制御を可能にすることによって人びとの健康、安心に貢献していきます。

真菌症ならびに病原真菌の研究

TIMMコレクション

キーワードで検索