センターの概要・理念
センターの概要・理念

センターの理念

学長からのメッセージ

理事長・学長
理事長・学長 冲永 佳史

本学では、建学の精神に基づいた教育理念である「自分流」を学生たちが身につけられるように、主に文系学部を擁する八王子キャンパスでは学部・学科、研究科などの委員会によるFD(ファカルティ・ディベロップメント)活動を通して、これまで授業改善に努めてきました。

2011年4月、本学の八王子キャンパスに本センターを設置し、本学におけるFD活動のさらなる充実をめざすことになりました。2008年の大学設置基準の改正によるFD義務化以降、各大学ではさまざまなFDへの取り組みが行われていますが、そこでの活動は大学がどのような学生を育て、社会に送り出すか、大学としてのディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)が反映されたものでなければなりません。そのような認識の下に、本センターでは「教職協働」、「学生参画」を基盤に、教学全体の改善を推し進めたいと考えています。

理事長・学長
冲永 佳史

東京都生まれ。
慶応義塾大学理工学部を卒業後、同大学大学院理工学研究科機械工学専攻修士課程修了。
現在、学校法人帝京大学理事長・学長。
学校法人帝京大学帝京大学短期大学学長。

センターの理念

高等教育開発センター(英文名称:"Center for Teaching and Learning, Teikyo University" [略称CTL])は、本学の「建学の精神」および教育理念である「自分流」、教育指針である「実学・国際性・開放性」を実現する教育の推進のための活動を進めます。
本センターは、「高等教育における教授法、教育課程、教育評価等の教授システムに関して調査・改善すること」および「ファカルティ・ディベロップメント(以下、「FD」)を推進すること」を目的とします。

ファカルティ・ディベロップメント(FD)定義
本学におけるFDとは、建学の精神および本学独自の教育理念・教育指針の下、学部・学科、研究科などの教育目標の実現をめざして行われる、個々の授業やカリキュラムの改善、およびそれらを推進するための組織や教育環境の整備などについて、教職協働、学生参画を基盤とする組織的、継続的な検証・改善に向けた取組みの総称です。

センター長からのメッセージ

センター長 井上史子 教授
センター長 井上史子教授

IoT(Internet of Things)や人工知能(AI)の活用による産業構造の変化、本格的な人口減少時代の到来など、現代社会は,私たちがかつて経験したことのないスピードで大きな変化が進行していると言われています。このような社会の急激な変化の中にあって、高等教育に求められる役割はより一層拡大するとともに、その重要性と多様性は増しています。今後到来する新たな社会に対応できるような能力を身に付けた人材を育てるために、各高等教育機関には、教育の質向上を目指した内部質保証システムの構築とその実質化を確実なものとすることが期待されていると言えるでしょう。
帝京大学高等教育開発センターは、2011年4月に八王子キャンパスのファカルティ・ディベロップメント(FD)活動を推進する組織として設立され、教員の授業改善や学生の学びに資することを目的とした諸活動を関係部署との連携により進めて参りました。そして、現在は、「帝京大学FDネットワーク」の構築(2013年)、文部科学省による教育関係共同利用拠点(「大学の教職員の組織的な研修等の実施機関」)としての認定(2015年)、「教育方法研究支援室」「IR推進室」の開室(2016年)など、教学改革をより多角的に支援する組織として、その機能や役割も着実に増してきているところです。

今後は、個々の教員のキャリア開発や学部・学科等におけるFD活動に対する支援と連携をさらに発展させるとともに、2017年より大学設置基準の改正により義務化されたスタッフ・ディベロップメント(SD)活動への支援も視野に入れながら、帝京大学における教育の質保証に貢献するための取組を展開して参りたいと考えております。

センター長
井上史子教授

Eastern Asia University (Education Administration and Change Leader) 教育学博士(Ed.D)取得
タイ国立スラタニラチャパット大学教育学部講師、立命館大学教育開発推進機構FD支援嘱託講師、帝京大学高等教育開発センター准教授を経て、2017年より現職に就任

設立の経緯

2011年4月、それまで継続・改善してきたFD活動をより充実させるべく、文系学部を擁する八王子キャンパスに、本センターは誕生しました。

FD活動のさらなる充実と、教学全体の改善をめざすために設立されました

これまで本学では、学部や学科、研究科などでの委員会による個別のFD活動が主体でした。しかし、2008年に大学設置基準の改正によるFDの義務化により、大学としてよりFDに対する取り組みが求められるようになりました。また、取り巻く環境の変化によって大学に通う学生の学力も多様化が進み、大学の教員にも考え方の多様化が、さらに求められるようになってきました。
そういった背景を受け、2011年にFD活動を充実させ、教学全体の改善をめざすために設立されたのが本センターです。設立後は、日本初のSCOTに対する取り組みやフォーラムの定期開催、教職員の職能開発をめざした各種研修の実施など、精力的な活動を続けています。