センターの理念
センターの理念

センターの理念

本センターは、従来の自動車技術に加えてカーボンニュートラルを実現する環境技術と、CASE(Connected,Autonomous/Automated,Shared,Electric)やMaaS(Mobility as a Service)など将来自動車に対する社会的ニーズに対応した幅広い技術課題に対して、4つのグループを組織して社会貢献と情報発信、および人材育成を目的に活動しています。

センターの理念

センター長からのメッセージ

センター長<br />加藤 彰
センター長
加藤 彰

新たな技術分野の社会的ニーズに対応した先進創造研究と人材育成をめざす

本センターは2020年4月に、旧オート・モビル・テクノロジー・センターを改組し、理工学部機械・精密システム工学科5人、航空宇宙工学科1人、情報電子工学科1人の計7人の教員と3人の技術スタッフで発足しました。「基盤・環境エネルギー」「安全・快適」「AI・自動車運転」「スマートモビリティ」の4つのグループで活動しています。この4つのグループは、オートモビル・テクノロジー・センターの整備士資格を持つスタッフと認証工場資格を有する優れた整備と計測機器を活用し、従来の自動車工学分野に加えて、カーボンニュートラルを実現する環境技術と、CASEやMaaSと呼ばれる新たな分野など、社会的ニーズに対応した先進創造研究と人材育成をめざします。
具体的には下記の通りです。

  • 研究活動支援として「100年に一度の変革期」といわれる自動車産業において、宇都宮キャンパスがある栃木県に多く立地している自動車関連企業とタイアップし、経験と実績豊富な所属教員が優れた成果を生み出すことを推進。
  • 社会貢献と情報発信を目的として、認証工場の設備を利用した実験・実習や自動車工学に関する技術相談および企業、各種団体向けの講演会(シンポジウム)を実施
  • 人材育成として、4年次の新卒業研究生を対象とした自動車計測機器や設備メーカー技術者による計測と設備における基礎技術に関するセミナー、また大学院生と企業若手技術者を対象とした本学教員ならびに、自動車関連企業の技術者からの最先端技術に関するセミナーを実施