帝京大学アジア国際感染症制御研究所の理念

本研究所は本学医学部附属病院で発生した院内感染を契機として、患者と医療者が共に安心と信頼に基づいた社会の構築をめざし、新たな視点から医学、医療、保健の進歩に貢献することを目的として2013年6月に発足しました。

帝京大学アジア国際感染症制御研究所の理念

■感染症制御に関する研究を推進する

■感染症制御に関する普及・教育の推進を図る

■国内外の社会への還元、感染症制御に関する情報発信を行う

■アジアにおける感染症に関する国内外の研究施設と連携し、グローバルヘルスに貢献する

所長からのメッセージ

鈴木和男 所長
鈴木和男 所長

帝京大学アジア国際感染症制御研究所は、世界的視野に立った感染症制御に関わる研究・教育を推進するために2013年6月1日に設立されました。本研究所は、アジア諸国における国際交流を通じて、感染症制御に関して、感染症研究部門、生物統計部門、医療経済部門、国際感染症ネットワーク部門での研究を通じて、グローバルヘルスに貢献することをめざしています。また、患者と医療者が共に安心と信頼に基づいた社会の構築をめざし、新たな視点から、医学、医療、保健の進歩に貢献することを目的としています。
本研究所の設立にあたり、ご協力いただいた関係者の皆様に感謝するとともに、本研究所の研究推進にご協力いただくことをお願いしたいと思います。

キーワードで検索