帝京大学アジア国際感染症制御研究所設立の経緯

アジアをはじめとした各国で脅威となっている呼吸器感染症の予防のため、本学が第一に向き合うべき課題として、2013年6月に設立されました。

患者と医療者が共に安心と信頼に基づいた社会の構築をめざします

本学医学部附属病院で2010年に発生した、多剤耐性アシネトバクターによる院内感染の反省を踏まえ、感染症制御に関する研究ならびに教育の推進を図り、アジアにおける感染症制御に関する国際交流を通して、社会へ還元していくことが本学の使命と考え、2013年6月に設立しました。

キーワードで検索