がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン[2012年度~2016年度文部科学省大学改革推進事業]
がんプロフェッショナル
養成基盤推進プラン

日本のがん医療の発展に大きくつながる人材を養成します

「がんプロフェッショナル養成基盤推進」は、大学院教育の一環としてがん教育研究基盤の構築、がん教育改革の推進を目標とし、がん治療の専門医師、専門看護師、専門薬剤師、専門医学物理士などを重点的に養成し、将来、日本のがん医療の発展に大きくつながることをめざします。※募集は終了しています。

帝京大学大学院医学研究科長よりメッセージ

帝京大学大学院医学研究科長
園生 雅弘
帝京大学大学院医学研究科長 園生 雅弘

2007年度に始まった「がんプロフェッショナル養成プラン」は終了し、新たな発展型として2012年度より始まった「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」はがん診療・研究のための教育拠点を構築し、長期的な人材育成をめざしています。人材育成は大学の重要な役割であり、全国で大学グループによる15のプランが選定され、特色あるプロジェクトが進行しています。それには大学院における教育・人材育成との密接な連携が必須であり、大学院教育の基盤整備にも大きな役割を果たしつつあります。
その内容はがん診療医・研究者およびコメデイカル専門職の育成、チーム医療の実践教育、緩和医療、地域がん診療体制構築、対応する新たな講座の新設など、広範で多岐にわたるものです。

本学は、東京女子医科大学、杏林大学、駒澤大学の3大学と協力して「都市型がん医療連携を担う人材の実践的教育」プログラムを担っています。本学教授陣を中心に、がんを診る総合医、専門医、臨床研究・臨床試験のためのグループリーダーなどを育成するコースを設け、さらに、緩和医療の新たな専門科目を大学院で新設し、緩和ケア医療を担う人材の育成も開始します。また、外科スタッフによるがん専門手技実地体験も行われます。

がん診療には従来の枠にとらわれない柔軟で横断的な発想が必要です。本学のがん診療は本プランとがん診療連携拠点病院の実践および大学院教育が一体となって、本邦のがん診療の発展および人材育成で重要な一翼を担うことが期待されています。

帝京大学大学院医学研究科長  園生 雅弘

教員紹介

概要

都市型がん医療連携を担う人材の実践的教育

文部科学省のプロジェクト「がんプロフェッショナル養成基盤推進」に東京女子医科大学・杏林大学・帝京大学・駒澤大学のグループが選定されました。
「がんプロフェッショナル養成基盤推進」は、大学院教育の一環としてがん教育研究基盤の構築、がん教育改革の推進を目標とし、がん治療の専門医師、専門看護師、専門薬剤師、専門医学物理士などを重点的に養成し、将来、日本のがん医療の発展に大きくつながることをめざします。文部科学省によって現在15のグループが選定されました。

都市型がん医療連携を担う人材の実践的教育

東京女子医科大学・杏林大学・帝京大学・駒澤大学では、「都市型がん医療連携を担う人材の実践的教育」プログラムを展開します。東京都では、がん患者の生活環境や要望は大きく異なる上に急速に高齢化が進行し、急性期から在宅医療までの地域がん医療連携の効率化が急務ですが、地域医療コーディネート能力のある医師や看護師は極めて不足しています。都市における診療連携拠点病院として質の高いがん医療を提供し、連携4大学の総力を結集し、患者さんとその家族の視点に立ちながら、質・量ともに多様化する都市型がん地域医療を担うことのできる次世代のがん医療人リーダーを養成します。

【2012年度~2016年度文部科学省大学改革推進事業】

コース紹介

大学院コース、インテンシブコースの2つのコースをご紹介します

大学院コースについて、帝京大学医学研究科では、がんプロフェッショナル養成基盤推進のプロジェクト参加に伴い、社会人枠を設けました。次世代のがん研究等に携わるがん専門医療人・研究者・指導者等の養成コースを設定し、がん専門医療人養成の更なる拡大・ステップアップを図ります。
また、インテンシブコースでは、短期間でのカリキュラムでスキルアップをめざします。 ※募集は終了しています。

大学院コース

専門的緩和医療医師養成コース

シラバス

専門的緩和医療医師養成コースのシラバス

専門分野 緩和医療専門医
養成する人材像 国民に信頼される緩和医療の実践的リーダー。
施設を超えたコンサルテーション力と次世代を教育するスキルを持った緩和医療専門医。
概要 このコースで育成された医師によって、
  1. がん拠点病院に質の高い緩和ケアチームが整備され、
  2. 地域がん患者に対する施設を超えた緩和医療地域コンサルテーション体制を開始する。
  3. 休職している医師の再トレーニングにより活用できる人材が増加し、
  4. 緩和医療専門医や緩和ケアメディカルスタッフ教育が推進され、次世代の人材をさらに育成することができる。
内容・特色 症候学的臨床トレーニング、チーム運営演習を緩和ケアチーム下で行い、院外で緩和ケア病棟および在宅訪問診療を経験する。
選択科目をがん一般、臨床研究、手技トレーニング、精神リエゾンなど準備し、学生の個別ニードに対応させ、卒後の実践力を磨く。
ポートフォリオ、臨床推論等を学び、教育に応用する。多職種指導を通し、教育技法の実習を行う。

地域でがんを診る総合医養成コース

シラバス

地域でがんを診る総合医養成コースのシラバス

専門分野 がんを診る総合医
養成する人材像 多職種地域連携がん医療のリーダーとなる人材として、プライマリケアに精通した総合医(復職医師も含め)を対象に、臓器横断的ながん診療を修得させる。
地域における専門的がん治療施設と連携し、多職種による療養支援のリーダーとして診療を行うことのできる医師を育成する。
概要 がん患者では複数の併存疾患や臓器機能の低下状態ががん治療を左右することになる。
診療所、中小規模病院など、患者の身近なところで地域連携がん診療の核となる総合医の活躍を期待しうる。
内容・特色 地域連携の医療体制について、実地診療の中での連携実習、多職種グループ研修を課程に含め、またe-learningも活用する予定。

臨床試験グループリーダー養成コース

シラバス

臨床試験グループリーダー養成コースのシラバス

専門分野 腫瘍内科医、腫瘍外科医、放射線治療医
養成する人材像 専門臓器、診断法、治療法など研究の対象領域を限らず、がんに関する多施設共同研究のリーダーとなる医師を養成する。
概要 治療法の開発臨床導入のみならず診断法や検診方法論等、がんの臨床研究を多施設共同研究として推進する医師は、欧米に比較して非常に少なくその教育システムも十分に整備されていない。本課程により、今後の我が国のがん臨床研究および診療の質の向上が期待できる。
内容・特色 本邦で活動している質の高い多施設共同研究グループの活動について学び、実地に研究計画策定なども実習課程として組み込む。治療研究のみならずがん診断法、がん検診方法論なども対象とする。

インテンシブコース

基本的緩和ケア医療人養成コース

短期 対象者 医師・薬剤師・看護師・ソーシャルワーカー・ケアマネージャー他 詳細
履修時間(期間) 8時間/1日、2日間
内容 臨床実習(院内チームラウンド、BSティーチングラウンド)、包括的評価演習、症状緩和薬物治療演習、リンパ浮腫マッサージ等
長期 対象者 医師・薬剤師・看護師・ソーシャルワーカー・ケアマネージャー他 詳細
履修時間(期間) 80時間/1年間
内容 専門的緩和医療医師養成コースの講義・演習から選択。症候学的臨床実習、コンサルテーション実習を病棟で実施

がんを診る総合医養成コース

短期 対象者 医師・薬剤師・看護師・放射線技師・ソーシャルワーカー・ケアマネージャー・行政担当者など 詳細
履修時間(期間) 8時間/1日、2日間
内容 集中講義から選択。ジャーナルクラブ(文献討議)、病棟回診、カンファレンス、キャンサーボード、化学療法室研修等
長期 対象者 臨床経験3年以上の臨床医(復職を予定している休職医師を含む)でがん総合的医療を学びたい医師 詳細
履修時間(期間) 80時間/1年間
内容 地域でがんを診る総合医養成コースの講義・演習から選択。ジャーナルクラブ(文献討議)、腫瘍内科病棟回診、担当症例治療カンファレンス、キャンサーボード、化学療法室研修等

臨床研究グループリーダー養成コース

短期 対象者 医師・薬剤師・看護師・放射線技師・ソーシャルワーカー・ケアマネージャー・行政担当者など 詳細
履修時間(期間) 8時間/1日、2日間
内容 集中講義から選択。ジャーナルクラブ(文献討議)、病棟回診、カンファレンス、キャンサーボード、化学療法室研修等
長期 対象者 臨床経験5年以上の臨床医、臨床経験3年以上の看護師、薬剤師 詳細
履修時間(期間) 80時間/1年間
内容 臨床試験グループリーダー養成コースの講義・演習から選択。ジャーナルクラブ(文献討議)、腫瘍内科病棟回診、担当症例治療カンファレンス、キャンサーボード、化学療法室研修等

がん専門的手技実地体験コース

短期 対象者 医師、看護師、薬剤師、放射線技師など 詳細
履修時間(期間) 8時間/1日、2日間
内容 各種がんに対して行われる検査・治療・ケアなどの手技体験(腹腔鏡手術シミュレーション実習、上部下部消化管内視鏡実習、中心静脈カテーテル挿入実習、縫合実習、手術見学等)を実施
長期 対象者 医師、看護師、薬剤師、放射線技師など 詳細
履修時間(期間) 30時間/6か月
内容 がん治療手術(参加あるいは見学、腹腔鏡手術シミュレーション実習)、縫合実習、血管内治療、内視鏡治療、中心静脈ポート留置実習等

お問い合わせ先

お電話でのお問い合わせ先
【帝京大学板橋キャンパス】 TEL:03-3964-1211(代表)
【事務部教務課】 内線:42122 がんプロ担当

■メールでのお問い合わせ先
E-mail:ganpro@med.teikyo-u.ac.jp