アドミッション・ポリシー

帝京大学のアドミッション・ポリシー

本学の建学の精神は「努力をすべての基とし偏見を排し、幅広い知識を身につけ、国際的視野に立って判断ができ、実学を通して創造力および人間味豊かな専門性ある人材の養成を目的とする」であり、具体的には「自分流を見つけよう」という言葉で表されています。これは「21世紀のグローバル社会において活躍できる人材、即ち自分で問題意識を持ち、自分で考え判断し、自分で行動し、そしてその結果に責任を持つことができる人材の育成」を意味しています。言い換えれば、知識・理論・技術の獲得のみならず、それらを創造的に、有機的に活用し、グローバルな大競争社会の中で逞しくかつ正しく生き抜く力、即ち強い人間力を併せ持つ人材の育成を意味します。従って入学試験に当たっては、いわゆる学力のみでなく、それに加えて自己と世界を客観的かつ的確に捉え問題点を見つける能力、そしてその問題点解決に向けての過程において、自己を厳しく鍛え上げる精神力・意欲を併せ持つ者、あるいは今後それが期待できる者を選抜したいと考えています。

帝京大学短期大学のアドミッション・ポリシー

本学の建学の精神は「努力をすべての基とし偏見を排し、幅広い知識を身につけ、国際的視野に立って判断ができ、実学を通して創造力および人間味豊かな専門性ある人材の養成を目的とする」であり、具体的には「自分流を見つけよう」という言葉で表されています。これは、実社会で必要な教養・知識・技術をしっかり修得し、更にそれらを活用することにより、社会における自分の存在価値を築き、社会公共に貢献できる人材の育成を意味します。従って、入学試験に当たっては現在の学力のみならず、それに加えて入学後真剣に知識や技術を学ぼうとする意欲、前向きな人生目標、社会に対してバランスある見方を持つ者、あるいは今後それが期待できる者を選抜したいと考えています。

キーワードで検索