FD活動への取り組み(板橋キャンパス)

医療分野ごとに最適なプログラムを実施しています

板橋キャンパスでは、学部長自らFD活動を啓蒙したり、合宿形式のワークショップを実施するなど、教職員全員が参加する形のFD活動を実施しています。また、学外から講師を招くなど、常に新しい授業のあり方を研究しています。

板橋キャンパスでの取り組みについて

医学部

医学部では、目的に応じた各種FD活動が盛んに行われています。教授会などを通して、学部長からFD活動に関する啓蒙を積極的に行い、欠席の場合は理由書を添えた欠席届の提出を義務付けるなど、徹底して取り組んでいます。また、2011年度から合宿形式のワークショップを復活させ、タスクフォースのFDに対する理解と周到な準備を行っています。入職3年以内の教員を対象とした「医学教育に関するワークショップ」、さらに入職5年以内の教員を対象とした「カリキュラム作成・学生評価などに関する合宿形式のワークショップ」を行い、従来の講演形式のFDに加え、参加型のFDを行っていることは、それぞれのワークショップにおいて、カリキュラム上の問題点の一部解消、1年次および4年次へのPBLチュートリアル導入など、一定の成果が得られています。また、PBLチュートリアルの導入に伴い、チューターとなる教員に特化したFDを実施しており、PBLチュートリアルの意義を再確認すると共に、教員同士の教育に関する姿勢を共有しています。

 

薬学部

薬学部では、新任も含めてほぼ全員の教授総会メンバー(教授・准教授・講師)が薬学教育者FDワークショップなどを受講し、教育活動の改善を明確に意識するようにしています。特に、学内教員を対象としたワークショップは目的が明確なため、よりよい教育・実習環境の整備に効果を上げています。また、今までに薬学教育者育成のためのFDワークショップを他の大学と3回共催したほか、薬学会、薬学教育協議会、都道府県の薬剤師会などが行う教育者養成ワークショップに受講者として教員を積極的に派遣し、助手以上はほぼ全員がFDワークショップを経験しています。6年制における実務実習は医療現場に勤務する薬剤師との連携が必須ですが、各薬剤師会主催の「認定指導薬剤師養成ワークショップ」へは、専任教員がタスクフォースとして派遣要請され、現場との教育体制の確立を努めています。さらに、このような一連のワークショップにより学んだことを学内に還元するため、学部長、附属病院薬剤部長が共催し、タスクフォース経験者と共に附属2病院(板橋、溝口)の薬剤師と薬学部実務実習担当教員とでワークショップを2回開催し、6年制の病院実習実施に向けたカリキュラム作成の研修を行いました。その他、教育スキルの向上をめざし、外部講師を招いた教育カウンセリングに関する講演会を開催しています。

 

医療技術学部

医療技術学部は、2004年度に視能矯正学科が開設し、2008年度に柔道整復学科が開設するまで学科を増やし、学部の充実化を図ってきました。当初は未完成の学科が多いこともあり学部として横断的なFD活動についての機運が欠如していたため、学部としてのFD活動を見合わせ、各学科におけるFD活動を尊重してきましたが、柔道整復学科が完成年度を迎えた2011年度には、横断的なFD活動を行う機運が高まり、板橋キャンパスにおいて「FD委員会」を設置し、横断的なFD活動を開始しました。その一端として「医療技術学部教育・研究に関するワークショップ」を開催しています。「FD委員会」は定期的に開催されており、学部のFD活動の推進に寄与しています。

 

※2012年度版 自己点検・自己評価(2012年5月1日現在)から抜粋

キーワードで検索